VoIPの無料電話で人気のLineとは?

スマートフォンの無料アプリでVoIPの無料電話アプリがあります。

VoIPとは
インターネットやイントラネットなどのTCP/IPネットワークを使って音声データを送受信する技術。社内LANを使った内線電話や、インターネット電話などに応用されている。IP電話とも呼ばれる技術である。

iPhoneやandoroid携帯などのスマートフォンでもこの無料アプリが人気です。

このアプリをインストールしている者同士であれば音声通話が無料となるので、実質タダで通話が出来ることになります。

この手のソフトで有名なのが、Skypeですが、スマートフォンが流行ってからはViber、Lineなどのアプリも利用者が急増しました。

それではいったいどのアプリが一番良いのかを機能の差や、世間の評判を比べながら調べていきましょう。

Viberと同じサブカテゴリー内の人気ソフトウェアとの比較

試してみた印象では、安定性はやはり定番アプリであるViberが高いと感じた。例えば、タスク管理アプリでViberの常駐タスクを切ってしまった後なども、着信を受けるとしばらくして着信画面が立ち上がるなど、完成度が高かった。
一挙レビュー! “iPhone-Android間”でも使える無料通話アプリ

現在インストールしている通話アプリの数は「1つ」が57.8%で最多。次点は「2つ」が26.9%と、多くの人が決まった通話アプリを利用している様子がうかがえた。また、利用者の17.1%が通話アプリでスマートフォンでの通話機会や時間が「とても増えた」と回答。37.8%が「少し増えた」としており、半数以上が増加していた。
スマホユーザーの4割が通話アプリを利用、インストール経験者は6割超える

「LINE」公開半年で1000万ダウンロード–無料通話アプリやっぱりタレントを用いたテレビCMの力は凄いという事でしょうか。

音声品質はSkypeが優勢ですが、CMの力もあり普及率はLINEが優勢のようです。特にスタンプを使ったメール機能に関しては女子からの絶対的な支持が。

Skypeと違いViberもLineもセキュリティに若干の心配がありますので、あくまでも自己責任でご利用ください。

僕がViberを試しもしない3つの理由

無料通話アプリ「LINE」が1000万ダウンロード

特に膨大な広告費を出してまで、テレビCMを行うという事は提供側に何かしらのメリットがなければ、ユーザーが増えればサーバー増強等逆にコストがかさむだけなので、やっぱりね、という事はあると思っています。

リスクを正しく理解した上で便利に無料サービスを受けるということがこれからのユーザーの姿勢として重要かもしれませんね。

「VoIPの無料電話で人気のLineとは?」への2件のフィードバック

  1. はじめまして。
    「僕がViberを試しもしない3つの理由」を書いた小奥と申します。
    ご紹介ありがとうございます。

    LINEというサービスを、こちらの記事で初めて知りました。
    で、早速文書に目を通してみたんですが、やっぱりViberと同じ懸念がありますねー…。

    http://tk2to.blogspot.com/2012/01/viberline.html

    こんな感じでした。なんともかんとも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。