Mountain Lionには上げない?まだまだSnow Leopardが現役です

今日は個人的な話を。

私のメインPCはMacbookなのですが、OSは未だにsnow leopardが現役として活躍しております。

ハードウェア自体がもう2年以上前の機種のため、最新OSの導入にためらっているのと、snow leopardであまり不具合無く利用出来ているため、あまりアップグレードの必要性を感じていないからです。

比較してもあまりメリットがなさそうですし。

新マックOS「Mountain Lion」登場

 MLは、それだけで「劇的になにかが変わる」アップデートとはいえないでしょう。新しいハードや、iCloudなどとの組み合わせで、はじめて本当に大きな価値が生まれます。そういう意味では、ハード・OS・サービスを一体で提供するアップルらしいアップデートといえるかもしれません。Snow LeopardやLionを導入していない人は、無理に考えるより、新ハードウエアの導入に合わせて考えた方がいいでしょうが、すでにアップデート対象OSを使っているならば、価格が安いこともありますし、アップデートのリスクは小さいと考えます。
 導入すると、「パソコンが持つ不自由さ」が少しずつ「スマホ時代の快適さ」に変わっていく。それが、MLの持つアップデートの価値でしょう。

Snow LeopardからMountain Lionへは直接アップグレードできる

Snow LeopardからMountain Lionに直接アップグレード可能なんですね。

【優しく解説】Mac OS X Lion、今すぐ乗り換えるべき?注意点などを詳しくお教えします!

安い
Mac をより iPhone/iPad っぽくする
Snow Leopard の良いところが伸びている
というわけで、結論としては2,600円分の価値は十分にあり、ちょっとでも興味があったら Lion への乗り換えをオススメします!

新しい「OS X Mountain Lion」は必要? Snow LeopardファンからWindowsユーザーまで、全6パターンを徹底シミュレーション

1. OS X 10.7 Lionユーザーの場合
ほぼ間違いなく速攻でOS X Mountain Lionは買いでしょう!

2. Mac OS X 10.6 Snow Leopardユーザーの場合
OS X 10.8 Mountain Lionにアップグレードするのは見送るようにお勧めしたいですね。

3. バグには一切悩まされたくないというユーザーの場合
まずは急がずに様子を見て、十分に安定した頃合いを見てから万全の移行を図るなんてシナリオもいいのかもしれませんよね。

4. とにかく新機能に憧れる、やや古いMacのユーザーの場合
いま実際に自分が使っているMacでも本当に使えるのかを必ずチェックしておくことをお勧めいたします。

5. メモリー不足でOS X 10.7 Lionが遅いと感じているユーザーの場合
同じRAM容量でも、LionからMountain Lionに移行しただけで、やや動作が軽く快適になるのを実感できるケースは多いみたいです。少なくとも4GBのRAMがあったら、OS X 10.8 Mountain Lionには十分なスペックのようでもありますから、安心してアップグレードへと踏み切っちゃいましょう!

6. いまいち「Windows 8」に感動できていないWindowsユーザーの場合
Windows 8がMacへの移行を加速させていく…そんな皮肉なシナリオが現実に起きてしまうのかどうかは定かではありませんけど、これから世の中は面白いことになっていったりしてねぇ。

もちろん、最新のOSの利便性等を認識するべく、各種OSがどのような機能を持ち合わせているのかを確かめてはいるのですが、windowsと比べて、不具合や不便なところに大してテコ入れを行うバージョンアップであれば、すぐにでもバージョンアップしたくなるのでしょうが、APPLEは長所をより延ばすという方針でバージョンアップを行っているように感じます。

逆に言えば、不具合は不便なところがあまり無くなって来ているというのがウリなのでしょうが。

ということで、まだまだsnow leopardが現役として活躍しておりますが、そろそろ最新機種の導入も考えている今日この頃。

皆様はどのような機種をご利用されておりますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。