報道されているインターネットエクスプローラーのセキュリティについて

テレビや新聞でインターネットエクスプローラーの脆弱性がニュースとなっております。

マイクロソフトのインターネットエクスプローラー(IE)のバージョン6〜11に、標的型攻撃に悪用される恐れがある脆弱(ぜいじゃく)性が見つかった。独立行政法人「情報処理推進機構」(IPA)などは28日、「この脆弱性を悪用した攻撃が確認されているとの情報がある」として、回避策をとるよう呼びかけた。マイクロソフトは今後、修正プログラムを提供する予定だが、サポートが終了したウィンドウズXPには対応しない見込み。

IE:バージョン6〜11に脆弱性見つかる

ここまでニュースになっているのは危機を煽っているようにも思えるのですが、

サポートが終了したウィンドウズXPには対応しない見込み。

XP利用者がまだまだ多数いるからだと思います。

とりあえずはインターネットエクスプローラーの利用は控えて他のブラウザを使うようにしましょう。

何を使えばよいかわからない方はGoogleクロームを使っておきましょう。
Chrome ブラウザ – Google

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。