ビスタやXPの動作を速くする 19のチューニングテク

設定を変えたりツールを使う事で動作を速くする方法が紹介されています。
XPやVistaを極限まで軽くする! 19のチューニングテク

ハードウェアを交換したりと、中には初心者にはなかなか手が出ない方法もありますが、お手軽に出来るワザも紹介されていますので、興味ある方は自己責任で挑戦してみてはいかがでしょうか。

ちなみに、難しい事はしたくないが手っ取り早く動作を速くしてみたい方にはこのソフトをオススメ致します。


"激安革命シリーズ 誰でもできる!Vista高速化" (アイアールティー)


"誰でも出来る!XP高速化" (アイアールティー)

アンテナ無しでテレビが見れるKeyHoleTV

アンテナ無しで日本のテレビが見れるフリーソフトがあります。

KeyHoleTV

主な機能は以下の通り。

1. 世界に向けて自分の生放送TVを発信!!

KeyholeVideoをダウンロードすれば、カメラとマイクさえあれば自分だけの生放送番組をネット上で公開できます。
2. 1対1のビデオ通話!!

カメラとマイクがあれば、KeyHoleVideoの利用者同士で1対1のビデオ通話が出来ます。暗号化でセキュア な通信なので安心です。
3. ビデオ会議で1対多通信!!

KeyHoleVideoの利用者同士であれば、1対多つまり複数人での通信が可能です。もちろん暗号化でセキュアな通信なので安心してお使いください。
4. 送信者がチャンネルごとにCM!!

自分で作った、動画やCMをテレビコマーシャル(CM)のようにネット上で流すことができます。

P2Pという事でちょっとアングラなニオイもしたのですが、調べてみると総務省お墨付きのソフトのよう。

KeyHoleTV(キーホールテレビ)は、総務省の「次世代P2P型コンテンツ流通高度化技術に関する研究開発」によって開発されたP2Pテレビを受信する為のアプリケーションである

Wikipedia

最近のパソコンはチューナー内蔵のパソコンやUSBでのワンセグチューナー、はたまた携帯電話にもワンセグがついているので、通常のテレビを見るだけであればあまり重宝されませんが、このソフトの一番の売りは、

地方ローカル番組も見れる

ということではないでしょうか!

例えば関西が誇る人気番組「たかじんのそこまで言って委員会」を日本中のどこからでもリアルタイムで見る事が出来ます。

しかも対応OSはWindows,Mac,Linuxどれでも使用可能です。

日本のテレビがリアルタイムで見れるP2Pソフト「KeyHoleTV」!


"たかじんのそこまで言って委員会 SPECIAL EDITION III [DVD]" (東宝)

bccで送信したいメールアドレスを設定出来るソフト

送信メールの保存のため、bccとして他のメールアドレスやgmailなどに送っている方も多いのではないでしょうか?

しかし、Outlook Express 6.0やwindowsメールなどOS付属のメールソフトでは、bccにアドレスを指定しておくという事は出来ません。

そのような場合に、指定したメールアドレスを自動的にbccとしてセットしてくれるソフトがあります。

Outlook Express 6.0用
OEBcc

windowsメール用
WMBcc

同一作者によるフリーソフトですがシンプルで使いやすくオススメです。

写真ビンゴゲームで使えるルーレットソフト

その名前の通り、jpgデータを次々とランダム表示させて1枚を選び出して表示してくれるソフト。

ランダム表示の仕方も雰囲気ありますので大きなスクリーンを使えば臨場感あるルーレットゲームを楽しめます。

フリーソフトですが、動作環境に.NET Frameworkが必要です。

とっすぃ☆しゃっふぉ〜

また同じ作者様が数字をめくって写真データを表示させるとっすぃ☆ぱねるというツールをリリースされているようです。このパネルの方は、指定写真の表示のタイミングを制御出来るという機能付きです。

結婚式の2次会や宴会時に参加者の写真をとっておいてルーレットで景品当選者を決めるようなゲームにもってこいのソフトではないでしょうか。

作者の方はパーティーやイベントの幹事慣れをしているのでしょうか?
利用時の事を非常に良く考えておられる配慮に感動しました。

この2つのソフトを使えば、結婚式の2次会や宴会時で、参加者の写真をとっておいてルーレットで景品当選者を決めるようなゲームにもってこいのソフトではないでしょうか。

iTunes7.7の文字化け対策

現在最新のiTunes7.7にて再生した曲が次々と文字化けを起こしてしまう問題が起こっているようです。

IDタグのバージョンが2.3以下で日本語(2バイト文字)を含まれている場合に起こるようです。
(自分の環境でも再現しました)

iTunes以外でMP3に変換していた方の多くが文字化けに悩まされるはずですので、事前に以下対策を行ってください。

1.iTunesのライブラリを全選択

2.詳細- IDタグを変換 – IDタグのバージョンを2.4 に選んで OK

データ量によって時間はかかりますが、これで文字化けを防ぐ事が出来ます。

既に文字化けしてしまった場合の対策。
実はこちらの方が難しいです。自分のライブラリが文字化けを起こしているかどうかを確認しなければなりません。例えば日本語が含まれたアルバムをトラック順で並べてみて、曲が抜け落ちていませんか?
抜け落ちている場合、その曲が既に7.7上で再生された事で文字化けを起こしている可能性が大です。
その場合は下記の方法で治る場合があります。

1.アーティストブラウザで文字化けされているアーティストを探してください。
2.文字化けを確認後、詳細- IDタグを変換にて「SO Latin-1からASCIIへ」を選んでOK
3.文字化けの修正を確認後、詳細- IDタグを変換 – IDタグのバージョンを2.4 に選んで OK

治らない場合は、iTunes上から打ち直しましょう。
曲を聴いて曲名が分かる場合は良いのですが分からない場合、曲順は数字で文字化けしていないので、ファイル名称やアルバムから抜け落ちているトラック番号とその曲を照らし合わせながら頑張ってください。

使い勝手の良いiTunesですがこの文字化け問題には毎回悩まされますよね。。。
気づくのが遅くなればなるほど被害が大きくなりますので気をつけてください。

無料のアンチウイルスソフトAVGを8.0にバージョンアップ

無料でお馴染みのアンチウイルスソフトAVGですが、バージョン7.5のサポートが5月31日までなので、8.0にバージョンアップさせました。

AVG8.0
AVG8.0 free edition

1年半ぶりのバージョンアップとなります。
無料のアンチウイルスソフトAVGを7.5にバージョンアップ

今回は7.5をアンインストールさせず、8.0をそのままインストールしました。
精神的にアンインストールした方がいいかもしれませんが、上書きインストールでも今のところ不具合は見受けられません。

Fatal error – Allowed memory size

ブログ更新ソフトのectoで間違ってこのサイトのアカウントを削除してしまい、再度アカウント取得後にエントリを取得しようとしたらエラーで取得が出来ない。

ectoで動作状況を確認すると、

エラーが発生しました。”サーバーは期待したデータを返してきませんでした”

となっていたので、コンソールでエラー内容を確認すると、
Response:
Status : 200
Server : Apache
Content-Type : text/html
Date : Sat, 24 May 2008 18:11:47 GMT
Content-Length : 214
Age : 6
Connection : keep-alive

Fatal error: Allowed memory size of 94371840 bytes exhausted (tried to allocate 16 bytes) in
wp-includes/class-IXR.php on line 28

メモリリークによるものでした。

対応策として、.htaccessに
AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php
の1行を追加して、PHPをCGIとして動かしました。

iPodの音圧差をなくすiVolume3.0でwindows版も登場

iTunesのサウンドチェック機能を使う事で各アルバムの音圧差を無くせるのですが、iPodを聴いていてもやっぱり音圧の差が気になる事はありませんか?

iTunesに搭載されているサウンドチェック機能が非力なためどうしても差があるものが結構残ってしまっているのです。

そこで,Macで大変人気のシェアウェアソフトiVolumeがあるのですが、最近になり3.0にバージョンアップ。

なんとWindows版も登場していました。

見た目も大幅に変わっています。
ivolume3.0
iVolume3.0

無料でも10曲ずつであれば使用出来ますので、一度お試し下さい。
購入すればiTunesライブラリをまとめて処理出来ます。

さっそく私もMac版でバージョンアップをしました。
(アップグレード版で$19.95)

iVolume

パソコンの仕様を簡単に調査出来るツールCPU-Z

パソコンの周辺機器の購入や、修理時に必要なのが自分のパソコンの仕様です。

仕様によってはせっかく買った内蔵メモリや内蔵HDDが使えないこともあるため、きちんと知っておく必要があります。

その仕様を簡単に調査出来るフリーソフトがあります。

CPUの詳細情報を表示「Cpu-Z」

ダウンロードは以下リンクからできます
ダウンロード

ダウンロード後に、cpuz.exe を実行すれば様々な情報が一覧できます。

cpu-z起動画面

一覧のリストを作成するには、Aboutタブをクリック後、HTML Reportをクリックし保存。

もっと詳細を書き出したい場合は、Register DUMPをクリックし保存。

cpu-zAbout画面

出来上がったファイルは印刷したり、メールに添付することが出来ます。

お買い物や修理時にリストをプリントアウトして提出すれば、購入後やっぱり使えないといったトラブルも未然に防げますね。

新Google Analyticsで定期的なアクセス解析を

新しくなったGoogle Analyticsが大変使いやすいです。

2007年5月9日
Posted by Analytics チーム

無料で高性能なログ解析ツールの Google Analytics の最新バージョンがリリースされました。

あなたが新しいGoogle Analyticsを使うべき27の理由
Google Analyticsが正式版に

いろいろな機能が追加されていますが、その中でも自分好みの解析情報をマイレポートとしてTOPページに表示させることで、すぐに確認出来るのが便利。

さらに便利なのが、メールレポートの設定をする事で必要な解析情報(マイレポートとして設定済みの項目)をメールで定期的に受信することが出来ます。

アクセス解析を行っていても、ログインするのが面倒で久しく見ていないというような方も多いと思いますので、このレポート機能は定期的にアクセス解析を分析するための仕組み作りとしてお奨めです。

では、最後に私のマイレポート項目をご紹介させて頂きます。

アクセス解析の基本である

「誰が、いつ、何処から、どうやって、何を、見て、どうしているか?」

が一覧出来る設定にしています。

Who(誰)
新規ユーザーとリピーター

When(いつ)
ページビュー数(時間別)

Where(どこから)
全ての参照元
参照サイト

How(どうやって)
キーワード

WHAT(何を)
タイトル別のコンテンツ

DO(何をしているか?)
コンバージョン数

サイトによってアクセス解析したい項目が異なるはずですので、にあなたが調べたい項目をマイレポートに設定するとより一層使いやすいツールとなりますね。