パソコンの増設でLANを構築

ノートパソコン購入に伴ってLANを構築したいというお問い合わせがありました。

なにげに使っているLANという単語ですが、

ケーブルや無線などを使って、同じ建物の中にあるコンピュータや通信機器、プリンタなどを接続し、データをやり取りするネットワーク。「構内通信網」と訳されることもある。より対線や同軸ケーブル、光ファイバーなどで配線するものを「有線LAN」、電波を用いるものを「無線LAN」という。

という意味になります。

さて、早速ですが、LAN構築に必要な機器をご紹介致します。

まずは下の図をご覧下さい。

ルーターの説明

ここで登場しているのが、ルーターと呼ばれる機器です。

ネットワーク上を流れるデータを他のネットワークに中継する機器。OSI参照モデルでいうネットワーク層(第3層)やトランスポート層(第4層)の一部のプロトコルを解析して転送を行う。ネットワーク層のアドレスを見て、どの経路を通して転送すべきかを判断する経路選択機能を持つ。また、自分の対応しているプロトコル以外のデータはすべて破棄する。複数のプロトコルに対応したルータをマルチプロトコルルータと呼ぶ。

難しいイメージですが、大雑把な説明をすると、タコ足配線のようなものです。一つのインターネット接続のケーブルを有線/無線を用いて分岐させることができます。

下記のような機器があります。

機器購入時に付属されている設定用CDを利用する事でセットアップもさほど難しくなく導入可能です。

導入サポート等が必要でしたらぜひご連絡下さいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。