Macでwindows用外付けキーボードを快適に使う設定方法

Macユーザーもだいぶ増えてきましたが、仕事ではwindows、家ではMacというバイリンガルな使い方をされている方も多いのではないでしょうか?

Windows、Mac、共にブラウザだったり、マイクロソフトオフィスだったりは使い勝手もほぼおなじで戸惑うことはないと思うのですが、唯一異なるのがキーボードのレイアウト。

特にコピー&ペースト操作を行う際に、

windowsだったらCtrl+C、V
Macだったら⌘+C、V

とキーが異なります。

そもそもWindowsには⌘キーなんてありません。

またWindowsのCtrlキーは左下、Macの⌘キーはスペースキーの左2つ隣りと、
レイアウトまで異なっているため、ブラインドタッチによるコピペ操作で動く指も
異なります。

windowsとMacの使い分けの頻度が多ければ多いほど、この差異がストレスになってきてしまいます。どうせならどちらかに合わせてみてはいかがでしょうか?

私はwindowsを触ることの方が多いため、自宅利用のMacのキーボード操作をWindowsに寄せるように外付けキーボードを利用して、装飾キーの変更を行うことで、職場windows、自宅Macのどちらでもストレスないキーボード利用をすることが出来るようになりました。

私の設定方法はこちらです。
macKEY

この設定をすることでwindowsと同じように左下のキーを押しながらC,Vを押すことでコピペが出来ます。また、Mac利用時では左の親指で⌘キーを抑えながらコピペを行うので、その操作も出来るように、⌘キーの役割は2つのキーに割り当て。

ちなみに外付けキーボードはちょっと高価ですが、シャキーンと高揚感あふれるタッチ音が鳴るこのキーボードを。

なんか最近は違うメーカーだけどもう少し安い値段で良さげなキーボードが。

どちらも静かにキーボードを打ちたい人にはオススメできませんが、自宅で少々キーの音が鳴っても大丈夫な人は、この高揚感あふれるキー音を体験すると抜け出せないかも。

iPhoneのデータをパソコンに保存できるフリーソフト

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い致します。

さて、今日は年末年始の休暇を使って私も利用したフリーソフトのご紹介。

i-Funbox
このソフトはiPhoneに保存されているデータを表示でき、ドラッグアンドドロップすることで
パソコンにデータを保存することが出来ます。

利用用途として、パソコンが壊れてしまってiPhone側にしかデータがない場合のデータ復旧や、別のパソコンへのデータ移管など、iPhoneのデータを利用したい場合に活躍すると思います。

windows版とmac版それぞれフリーソフトとなっています。

macを買い替えたのですが、データ移管の際に、一部データを誤って削除してしまい、その復旧でこのソフトを利用しました。

こちらのサイトで詳しい説明が記載されております。
「i-Funbox」を使ってiPhoneの中の音楽を取り出す簡単な方法

Leopard以降(MAC)でDVDをリッピング「RipIt」(異:Riplt)

Macで定番だったDVDリッピングソフトですが、IntelMacではロゼッタ環境でしか起動が出来ず、またバージョンアップもされていないため、最近のDVDはリッピング出来ないものも増えてきました。

RipIt – Rip DVDs on your Mac to watch movies anywhere – The Little App Factory
そこで、現在人気のリッピングソフトRipItのご紹介。

RipIt
ソフトをダウンロードしてインストール後は、読み込ませたいDVDを挿入しソフトを立ち上げて赤色の赤枠のRipボタンを押せばリッピング開始。

RipIt running

終了したらシリアルコード入力を促す画面が。
RipIt

残念ながらシェアウェアのため10回の使用制限があります。
2100円と購入金額自体は安いのでおすすめ。
RipIt

ただ、デフォルト設定だと重たいので、ちょっと設定変更。
RipIt General
Animate discのチェックを外す事で処理が早くなります。
Use “.dvdmedia” Extensionのチェックを外す事でおなじみのVideo_ts,Audio_tsフォルダがすぐにみれるように。

ちなみにソフト名は、Rip It の略でRipItのよう。
アイをエルと見間違えてRipltで検索される人も多いですね。

Apple商品クリアランスセール

ディスプレイのケーブルの種類

Macbookでプレゼンをしたいのですが、プロジェクターとMacbookを繋ぐケーブルは何を買えば良いのでしょうか?
また、そのケーブルを買えば家に余っているディスプレイを外部接続して使えますか?

という質問を頂きました。

まず、プロジェクターのケーブルは普通はVGAと呼ばれる口のケーブルを利用していると思いますので、Macbookに繋ぐVGAアダプタが必要となります。

ただしMacbookの場合、最近のものと古いもので、Macbook側本体のディスプレイコネクタの計上が異なりますので、注意が必要です。

2009年後半以降にご購入のMacbookだったらMini DisplayPortが、それ以前だったら、Mini DVI(ビデオ出力)ポートが使用されています。それぞれサイトに絵がありますのでご確認下さい。
Mini DisplayPort (ビデオ出力)
Mini DVI(ビデオ出力)ポート

Macbook側のディスプレイコネクタの種類によって必要なアダプタはそれぞれ以下の通りです。

Mini DisplayPort用


"Apple Apple Mini DisplayPort-VGAアダプタ MB572Z/A" (アップル)

Mini DVI(ビデオ出力)ポート用


"Apple Mini DVI-VGAアダプタ" (アップル)

また、ご自宅のディスプレイですが、ディスプレイのケーブルの種類はDVIでしょうか?VGAでしょうか?
最近のディスプレイであれば、DVIだと思いますが、15インチ、17インチの古いディスプレイの場合は、VGAかもしれません。VGAだったら上記のプロケジェクター接続と同じなので、アダプタは一つで流用出来ますが、DVIの場合は、DVI用のアダプタが必要となります。

VGAやらDVIやら、言葉で書いても分かりにくいので、下記サイトでケーブルコネクタ側の形状をご確認下さい。

ディスプレイコネクタ図鑑

ここでも同じように、Macbook側のコネクタによって、必要なアダプタが異なります。

Mini DisplayPort用


"Apple Apple Mini DisplayPort-DVIアダプタ MB570Z/A" (アップル)

Mini DVI(ビデオ出力)ポート用


"アップル Apple Mini DVI-DVIアダプタ M9321G/B" (アップル)

MacbookAirは


"Apple Micro-DVI-VGA アダプタ MB203G/A" (アップル)

iBookだったら


"Apple M8639G/A VGA ディスプレイアダプタ" (アップル)

ちなみに、iMacやPowerbook(12インチ)だったらMini DVI(ビデオ出力)ポート用が利用可能。

Macで黒い枠線が表示されるになったりハイライト表示されたりする場合

Macを使用していると、突然デスクトップのアイコンや、各種選択箇所に出るようになったことはありませんか。

またまた、画面が明るすぎるハイライト表示になってしまったりしたことはないですか?

それは、ユニバーサルアクセス機能が動いているのかもしれません。

システム環境設定に「ユニバーサルアクセス」というアイコンがあるので、そちらを確認して、

黒い枠線が表示されている場合は、VoiceOverを入から切に変更して下さい。
ハイライト表示されている場合は、コントラストを強調をバーを一番左に戻して下さい。

これで元通りになるはずです。

クリップボードを支配して文章作成効率を200倍アップ

パソコンを使用するにあたって、避けて通れないのが、キーボード入力による文章入力。

そのキーボード入力を少しでも減らせるように、指定した文章や単語、キーワードなどをコピー出来る機能があります。

コピペという単語が浸透しているくらいですから、皆さんもうご存知ですよね。

さて、このコピーの機能なのですが、WINDOWSでもMACでも購入状態だと、コピー履歴が持てないという欠点があります。

例えば、何か繰り返し使う単語をコピーしておいて、文章作成のたびに、ペーストを繰り返していた時に、ふっと間違えて他の単語をコピーしてしまって、元の単語が貼付ける事が出来なくなった事はありませんか?

また、ネットで調べものをする時に、一つずつ単語をコピーして、それをメモ帳などに一つずつ貼付けた後、また次の単語をコピーして、貼付けて、という繰り返し作業にめんどくささを感じませんか?

そのような問題点を解消してくれるフリーソフトが、クリップボード拡張ソフトです。

これは、コピーした単語や、キーワード、文章を履歴としてパソコンの中に保存しておいて、それらを後から選択して貼付ける事が出来るというソフトです。

このソフトがあれば、上記のような問題点はあっさり解消出来ます。

とりあえず、フリーソフトをご紹介しますので、使ってみて下さい。

きっと作業効率が200倍アップすること間違いなしです。

WINDOWSでは
CLCL

MACでは
ClipMenu

どちらもシンプルで使いやすいのでオススメです。

Quick Voice Recorderの録音データを取り出す方法

iPhone、iPod touchで知名度の高いボイスレコーダーソフトQuick Voice Recorderですが、録音データをパソコン(Windows、Mac)に取り出す方法がないという記載がありました。

取り出すためには、別途有償のソフトが必要であると。

しかし、パソコン側に保存されるiPhone,Macのバックアップデータに録音データも保存されているようで、ちょっとしたテクを用いて取り出す事が出来るようです。

1.まずはQuick Voice Recorder側で取り出したい録音データの容量を確認しておく。

2.パソコン側のバックアップデータを調べる。
Mac:~/ライブラリ/Application Support/MobileSync/Backup/
Windows XP: \Documents and Settings\(ユーザ名)\Application Data\Apple Computer\MobileSync\Backup\
Windows Vista: \Users\(ユーザ名)\AppData\Roaming\Apple Computer\MobileSync\Backup\
にそれぞれ保存されているようです。

このフォルダの中に、奇妙な文字列のファイルが沢山あります。

3.データサイズが1で調べた録音データと一致するものを選択し、デスクトップにコピー。

4.ファイル名をAAA.cafに変更する。
(AAAは好きな名前で構いませんが、拡張子は.cafにして下さい)

5.quicktime playerで再生してみて、正しい録音データかどうかを確認。

以上の方法で、Quick Voice Recorderから無料で録音データを取り出すことが出来ますので、パソコンに保存する事が出来ます。

最新のバージョンであるiPhone(iPod Touch)に付属してあるボイスメモは、録音データが自動的にiTunesと同期される仕様になっているようですので、付属のボイスメモの方が使い勝手は良いかもしれませんね。

ectoでamazonアソシエイトリンクが作成出来ない対処法

以前amazonの仕様変更によって(amazonの仕様変更でectoでアマゾンアソシエイトリンクの作成が出来ない)、etcoからアソシエイトリンクが作成出来なくなってしまったという記事を書きましたが、その対処法を発見しましたのでご紹介致します。

Amazon Helper

上記でダウンロードしたファイルをectoのpluginフォルダの中に入れて上書き保存して下さい。

ectoのAmazon Helperが使えなくなるにて紹介されていました。

Macでスキャナを用いて画像を取り込むには

プリンタ複合機や、スキャナなどを用いると、既に印刷済みの写真や、雑誌などの記事など、デジタルデータとしてパソコンに取り込む事が出来ます。

通常は、複合機やスキャナなどに付属しているソフトを使用して画像を取り込む事が出来るのですが、Macの場合、スキャナソフトは付属されておらず、スキャナドライバのみの場合があります。

このような場合、Photoshopなど画像編集ソフト側で、読み込みでスキャナを指定して画像を取り込めますが、画像編集ソフトを持っていない場合、スキャンソフトで画像を取り込む事が可能です。

そのような場合、Mac OS付属のアプリケーションであるイメージキャプチャを利用する事で画像の取り込みが可能です。

アプリケーションフォルダにあるイメージキャプチャを立ち上げて下さい。

「イメージキャプチャ」の使いかたについて詳しくは、「イメージキャプチャ」を開き、「ヘルプ」>「イメージキャプチャヘルプ」と選択してください。
イメージキャプチャ

SNo LeopardではありませんMac OS X 10.6 Snow Leopard

Mac OS X 10.6 Snow Leopard

Sno Leopardではなく、Snow Leopardです。

Leopardからのアップグレードであれば3,300円。

iLfeやiWorkの最新版も含めた新しいMac Box Setでも18,800円

Snow Leopard(スノーレパード)3300円で販売

MacbookでもiPodでも学生だったら学割もあります。
学割ストア