surfaceが電源ボタンを押しても電源がつかない時

タブレットにもなる薄型ノートパソコンとして非常に人気のあるMicrosoftのMicrosoft Surface Pro 4。

前日しっかりと充電しておいたのに、いざ電源をつけようとすると全く反応しない現象が発生致しました。

そのような場合、電源ボタンと  音量の+ボタンを 長押し(1分近く押したような気がします)をすることで、無事起動することが出来ました。

Surface の電源が入らない、またはスリープから復帰しない

解決策 4: ツー ボタンによるシャットダウン (Surface Pro モデルおよび Surface Book のみ)

重要
Surface RT、Surface 2、または Surface 3 では、このプロセスを使用しないでください。
このツー ボタンによるシャットダウン プロセスは、Surface の電源を完全にオフにするために使用します。手順は次のとおりです。

手順 1: Surface の電源ボタンを 30 秒間押したままにしてから、離します。
手順 2: 音量を上げるボタンと電源ボタンを同時に押し、そのまま 15 秒以上押し続けてから、両方のボタンを離します。
画面に Surface ロゴが短時間表示される場合がありますが、両方のボタンを少なくとも 15 秒間は押し続けてください。
手順 3: ボタンを離した後、10 秒間待ちます。
手順 4:
電源ボタンを押して離し、再度 Surface の電源を入れます。

Surface+外部ディスプレイでの文字化けを解消する方法

microsoftから発売されているタブレット型WindowsのSurface。

タブレット代わりはもちろん、オプションでキーボードやマウスを利用すれば、Word、EXCEL、などのビジネス利用にもばっちし使えるまさにMacbookAirの対抗馬として人気の機種です。

ディスプレイが小さいので、ビジネス利用であれば、外部ディスプレイを利用してのマルチディスプレイ環境をオススメいたします。

さて、外部ディスプレイを接続した際に、外部ディスプレイに表示される文字がボヤケてにじんで見えることがあります。

surface側と外部ディスプレイで解像度の違いがあり、その違いをソフト側で変換することこで、大きすぎたり、小さすぎたりすること無く、自動的に適切に表示されるようになっているのですが、外部ディスプレイ側の文字がぼやけて(滲んで)見える場合、Windowsの詳細設定のパフォーマンス項目にて、

スクリーンショットの縁を滑らかにする
の欄にチェックが外れていないかを確認して下さい。

もし、外れているようであれば、チェックを入れることで、文字がハッキリ、くっくり表示されるようになります。

<設定方法>

1・エクスプローラーを開き、サイドバーに表示される「PC」右クリック⇒プロパティ⇒システム詳細設定

2・表示されたコントロールパネル、システムの左のメニューから「システムの詳細設定」をクリック

3・詳細設定タブのパフォーマンス枠にある設定をクリック

4・パフォーマンスオプションから視覚効果のタブを選択し、カスタムの枠の中から、

スクリーンショットの縁を滑らかにする

を探して下さい。

11.6インチのノートブックが使いやすい

ASUSの11.6インチノートブックを使う機会があったのですが、大変オススメできる一台かと思いましたのでご紹介。


Windows8搭載。普段Mac利用でトラックパットはジェスチャー使いばかりですが、このノートブックにもジェスチャー機能搭載されており、トラックバッドの使い勝手も悪くありません。

またキーボードタッチもしっかりした打鍵感があるので、普段デスクトップPCのキーボードに使い慣れている方も違和感なく利用できるかと思います。

そしてなんといっても軽いので、ソファーに寝っ転がって利用したり、カバンの中からすっと取り出して電車の中やカフェでも利用も問題なし。

カラーバリエーションも4色展開なので、好きな色を選んでみてはいかがでしょうか。

ASUS ノートブック X200MA ( Win8.1 with Bing 64Bit / 11.6inch / Celeron N2830 / 4G / 500GB / kingsoft multi-license / ブルー ) X200MA-B-BLUE

ビット数(32ビットか64ビットか)の確認方法

windowsXPの場合、

コントロールパネルから、

[パフォーマンスとメンテナンス]

[システム]

[全般] タブの [システム] を確認

windows XPの横に

x64

と表示されていれば64ビット、されていなければ32ビットとなります。

他のOSでの確認方法等詳細はマイクロソフト社のサイトでご確認ください。
自分のパソコンが 32 ビット版か 64 ビット版かを確認したい

windowsXPからのアップグレード

windowsXPの更新切れでどうするかお悩みの方が多いようです。

A.なんだかんだ言ってもまだXP使ってる人多いし大丈夫だろう。

B.XPサポート切れで心配だけどもアップグレードするのなら新しいPC買おうと思う。

C.今のPCのままでいいからなんとかアップグレードしたい

今回は

C.今のPCのままでいいからなんとかアップグレードしたい

についてご紹介いたします。

現在出来るアップグレード方法はXP→windows8にアップグレードが通常の方法ですが、2点ほど難点があります。

1.XP搭載のPCの場合、機種によってはwindows8は動作しない
(ある程度性能がなければwindows8はインストール出来ません)

2.windows8は使い勝手がXPと比べて大幅に異なる

この2点が問題ない方はwindows8にアップグレードを行うと良いかと思われますが、そうではない場合、お勧めしたいのがwindows7へのアップグレードです。

windows7というと8の一世代前ということで敬遠されがちですが、実は新規購入したwindows8のパソコンを7にダウングレードする方も多いほど、人気のOSです。

XPとあまり変わらない使い勝手ということもあり、XPからのアップグレードを行うのであれば7へのアップグレードをお勧めいたします。

ただし、windowsXPから7へアップグレードした場合、セキュリティパッチ等の更新プログラムが150を超えており、最初のセットアップに相当時間がかかると思いますので、お気をつけ下さい。

なお、windows7はamazon他、PC専門店等でまだ購入が可能となっております。

Microsoft Windows7 Home Premium 32bit Service Pack 1 日本語 DSP版 DVD LCP 【紙パッケージ版】
マイクロソフト(DSP) (2014-01-11)
売り上げランキング: 5
Microsoft Windows 8.1 (DSP版) 32bit 日本語 Update版
マイクロソフト(DSP) (2013-10-18)
売り上げランキング: 154

購入時は32bit版と64bit版をお間違えのないようお気をつけ下さい。
ビット数の確認方法

パソコンの増設でLANを構築

ノートパソコン購入に伴ってLANを構築したいというお問い合わせがありました。

なにげに使っているLANという単語ですが、

ケーブルや無線などを使って、同じ建物の中にあるコンピュータや通信機器、プリンタなどを接続し、データをやり取りするネットワーク。「構内通信網」と訳されることもある。より対線や同軸ケーブル、光ファイバーなどで配線するものを「有線LAN」、電波を用いるものを「無線LAN」という。

という意味になります。

さて、早速ですが、LAN構築に必要な機器をご紹介致します。

まずは下の図をご覧下さい。

ルーターの説明

ここで登場しているのが、ルーターと呼ばれる機器です。

ネットワーク上を流れるデータを他のネットワークに中継する機器。OSI参照モデルでいうネットワーク層(第3層)やトランスポート層(第4層)の一部のプロトコルを解析して転送を行う。ネットワーク層のアドレスを見て、どの経路を通して転送すべきかを判断する経路選択機能を持つ。また、自分の対応しているプロトコル以外のデータはすべて破棄する。複数のプロトコルに対応したルータをマルチプロトコルルータと呼ぶ。

難しいイメージですが、大雑把な説明をすると、タコ足配線のようなものです。一つのインターネット接続のケーブルを有線/無線を用いて分岐させることができます。

下記のような機器があります。

機器購入時に付属されている設定用CDを利用する事でセットアップもさほど難しくなく導入可能です。

導入サポート等が必要でしたらぜひご連絡下さいませ。

Norton Security Scanが勝手に入ってる?

Norton Security Scanが勝手に入ってる?
(ノートン セキュリティ スキャン)

ノートンは有名なソフトだしいつの間にか無料になった?

というお問い合わせがありました。

Norton Security Scanアイコン

Norton Security Scan

Norton Security Scanは、たしかにアンチウイルスソフトで有名なノートン社の無料ソフトです。

Norton Security Scanとは?
Norton Security Scan はお客様のコンピュータが現在、既知の脅威から保護されていることをご理解いただくためにデザインされたソフトウェア・ツールです。Norton Security Scan はコンピュータをスキャンし、お客様のコンピュータにウイルス、ワーム、スパイウェア、不要なアドウェア、トロイの木馬が存在しないかを識別します。Norton Security Scan はお客様のコンピュータの現在の保護状況をチェックします。
Norton Security Scan とは

ただし、このソフトスキャンはしてくれますがウイルスが見つかった場合、駆除は出来ません。
チェックは無料で行うから、ウイルスが見つかったら有料ソフトを買ってねというノートン社の戦略のようです。

上記でもNorton360への誘導バナーがでかでかとありますね。

勝手に入っていると思われがちですが、Google ツールバー、Shockwave Playerなどと一緒にインストールされているケースが多いようです。

入れておいても問題はありませんが、他のウイルスソフト等を入れている場合は、無駄に2重でウイルススキャン等を行うことになり、パソコンが重たくなってしまうので、不要であれば削除しましょう。

削除方法は、

1 [スタート] ボタン – [設定] – [コントロール パネル] とクリックする。
2 プログラムの追加と削除 をクリックする。
3 Norton Security Scan をクリックし、削除 をクリックする。

で削除可能です。

しかし、削除してもまた復活してしまうという現象に悩まされている方もおられるようですが、
そのような場合は、Googleツールバーや、Shcokwave Playerも一度アンインストールし、再インストールする場合に、Norton Security Scanを含めないように、インストール時のチェックを外してみて、インストールを行いましょう。

このように有償のソフトの一部を無料でリリースし、使って頂いた後、肝心なところを有償でサービスという流れは今後も続きそうですね。


"Norton Internet Security 2012" (シマンテック)

RegistryBoosterという嘘ソフトにご注意を

サイトブラウジングをしていると、スキャン開始ボタンで誘導してソフトをインストールさせて、そのソフトでスキャンすると、ウイルスが大量に発見される。

駆除ボタンを押すと、購入サイトや、課金を促すメッセージが表示される。

近年このようなソフトが急増しており、被害も増えております。

今回、お客様からご質問を頂き調べたところ、インストールされていたのが、

RegistryBoosterという偽ウイルスソフト
RegistryBooster

ご本人もいつの間にかインストールされていたとの事なので、まさにこっそりとインストールされてしまうようなソフトなのでしょう。

常駐を解除後、コントロールパネルからアンインストールし、念のためレジストリも調べて問題ない事を確認。

皆様もお気をつけ下さい。

ectoでamazonアソシエイトリンクが作成出来ない対処法

以前amazonの仕様変更によって(amazonの仕様変更でectoでアマゾンアソシエイトリンクの作成が出来ない)、etcoからアソシエイトリンクが作成出来なくなってしまったという記事を書きましたが、その対処法を発見しましたのでご紹介致します。

Amazon Helper

上記でダウンロードしたファイルをectoのpluginフォルダの中に入れて上書き保存して下さい。

ectoのAmazon Helperが使えなくなるにて紹介されていました。

Macでスキャナを用いて画像を取り込むには

プリンタ複合機や、スキャナなどを用いると、既に印刷済みの写真や、雑誌などの記事など、デジタルデータとしてパソコンに取り込む事が出来ます。

通常は、複合機やスキャナなどに付属しているソフトを使用して画像を取り込む事が出来るのですが、Macの場合、スキャナソフトは付属されておらず、スキャナドライバのみの場合があります。

このような場合、Photoshopなど画像編集ソフト側で、読み込みでスキャナを指定して画像を取り込めますが、画像編集ソフトを持っていない場合、スキャンソフトで画像を取り込む事が可能です。

そのような場合、Mac OS付属のアプリケーションであるイメージキャプチャを利用する事で画像の取り込みが可能です。

アプリケーションフォルダにあるイメージキャプチャを立ち上げて下さい。

「イメージキャプチャ」の使いかたについて詳しくは、「イメージキャプチャ」を開き、「ヘルプ」>「イメージキャプチャヘルプ」と選択してください。
イメージキャプチャ