PCDJを行うならTraktorシリーズ」 

パソコンを使ったDJを行うのであれば定番なのがTraktor

国内外の有名DJを始め、様々なDJに支持されています。

パソコンでDJと聞くと、マウスでちまちました操作を行ったり
何か難しそうなイメージがありますが、上記ソフトを始め、ほとんどがキーボードで操作出来ます。

またツマミ操作などに関しても、midiコントローラーを使えば問題ありません。

それよりも、デジタルを駆使したメリットがあります。

用意できる楽曲量が豊富。
ノートパソコン1台で物理的に不可能な楽曲を準備出来ます。アナログであれば100枚も運べば大変な重量ですが、ノートパソコンであれば、数キロで済みますので、もう腕がちぎれる思いでレコードバックを担ぐこともなく、もちろん雨の日にゴロゴロとキャスターを引っ張る必要もありません

バッグに入りきらないと言って諦めていた曲を用意出来ますから、かけたいと思えばいつでもかけることが出来ます。これで選曲の幅も広がります。

DJブースそのものがない場所でのDJを行う場合でも、ターンテーブル2台(さらにはCDJ2台も)を運搬する手間を考えれば、機動力も抜群です。

さらに、デジタルデータという形態を生かしたPlayを行うことも。ループやフィルターはもちろん、前もって自分で製作した楽曲もPlayに使うことが出来ます。

興味のある方はぜひ一度お試し下さい。メーカーサイトで体験版もダウンロードする事が出来ます。

手軽にPCDJをしてみたいならTraktor DJ
TRAKTOR-DJ 日本語版

主な特徴
■手持ちの音楽から新しいトラック・ミックスを作り出す事が可能
■自動的に、またリアルタイムに異なる楽曲の拍子/ビートを合わせる事が可能
■自動的に、また音楽的にループを作り出す事が可能
■DJユースのみならずオリジナル・ミックス素材の作成にも最適
■音楽CDからの直接読み込み(CD-Direct Access)そして読み込みながらのリアルタイム編集
■オリジナル・ミックスのファイルの書き出しができる
■フィルタ機能によりライブパフォーマンスのニーズにも対応
完全日本語対応(ID3タグ)

プロユースのDJソフトTraktor DJ Studio
TRAKTOR DJ STUDIO 3.0アカデミック版

主な機能
■リアルタイム・ループ設定、複数のループ・ポイントが設定可能(10ループ)ループ間の移動も行うことが可能な多様な機能
■高度なクロスフェーダーとヘッドフォン・CUEセレクションを特色とするプロフェッショナル、4チャンネルDJミキサー(パラアウト機能でDJミキサーなどに出力可能)Allen&Heath社のXone:92のソフトウェアエミュレートを搭載。
■自動シンクロナイズ機能(オートマッチング・シンクロ機能)、繊細なチューニングのためのマニュアルピッチ調節、ビートオフセット表示
■高音質なタイムストレッチ
この機能は、曲の音程を変えずにスピードのみをコントロールできます。また、曲のスピードを変えずに曲の音程を変える事も可能な高音質タイムストレッチを実現しました。

最後に個人的な話ですが、当方が最初に購入したのは、Traktor DJでした。しかし、使いたいと思ったきっかけのパラアウトが出来るのは、Traktor DJ Studioのみの機能だったため、再度購入し直しました。

皆様はお気をつけ下さい。

「PCDJを行うならTraktorシリーズ」 」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。