wordpressのアップグレード後にBriefly unavailable for scheduled maintenance. Check back in a minute.と表示されたら

wordpressのアップグレード時した後、サイトにアクセスしたら

Briefly unavailable for scheduled maintenance. Check back in a minute.

と出て、サイトが表示されなくなってしまうケースがあります。

その場合の対応策ですが、wordpressをインストールしているディレクトリに.maintenance というファイルが
出来ているはずですので、それを削除すると、サイトが表示されるようになります。

その際に、バージョンアップが正しく出来ているかどうかを確認し、不安であれば再度アップグレードを行って下さい。


"WordPressサイト構築スタイルブック―デザイナーのためのテンプレートタグリファレンス+サイトデザインテクニック" (エ・ビスコム・テック・ラボ)


"WordPressレッスンブック 2.8対応―ステップバイステップ形式でマスターできる" (エビスコム)

amazonの仕様変更でectoでアマゾンアソシエイトリンクの作成が出来ない

amazonの仕様変更により、ectoのAmazonHeplerでリンクの取得が出来なくなっていました。

Product Advertising API にリクエストを送信いただく都度、認証のための電子署名を含めていただくことが必要になります。この変更は、2009年5月11日より3ヶ月の間の移行期 間の後、2009年8月15日には、Product Advertising API へ送信されるリクエストは全て認証されることとなり、認証されない場合、リクエストは処理されなくなります。
Amazon アソシエイト Web サービスの名称変更および署名認証についてのお知らせ

ecto_amazon_error

このようなエラーが発生して、リンク作成が出来ません。

amazonの仕様変更は前々から決まっていたので、その仕様変更にあわせて対応しているソフトもあるようですが、残念ながらetoではまだ対応していないようです。
8月15日のAmazon仕様変更に備え「アマザー」など関連ソフトがバージョンアップ

wordpress2.8の管理画面がfirefoxで見るとおかしい件

このサイトでも使用しているCMSツールであるwordpressが2.8にバージョンアップしていますが、少々不具合も発生しているようです。

その中でもお問い合わせを受けて確認したところ、こちらでも再現出来たトラブルがこちら。

wordpress2.8にバージョンアップ後、firefoxで管理画面にログインすると、CSSがきちんと反映されていないような画面になってしまう。

このトラブルですが、現状の回避策はコチラになります。
2.8の管理画面のCSSが反映しない

この回避策で正しく表示されるようになるはずです。

こちらのテスト環境でも正しく表示されるようになりました。

wordpressで文字化けの対策(Xrea,coreserver)

なかなか記事の更新が出来ていなかったのですが、少しまとまった時間が取れたため、このホームページのサーバーを移行し、このサイトの元となっているWordpressのバージョンアップをしました。その際に若干手間取ってしまったので作業ログ。

続きを読む wordpressで文字化けの対策(Xrea,coreserver)

wordpressテンプレートのダウンロード時は注意

WordPressのデザインテンプレートが無料で多く配布されていますが、その配布サイトの中でも有名なサイトで配布されているテンプレートファイルにスパムやマルウェアのリンクが混入しているようです。

無料で配布しているテンプレートを集めて再配布している「templatesbrowser.com」経由でダウンロードすると、テンプレートに含まれているファイルの一部が書き換えられており、スパムやマルウェアへ誘導するリンクが自動的に含まれるようになってしまうとのこと。

WordPressとJoomlaのテンプレートにスパムやマルウェアのリンクが混入

多くのBlogや人気サイトでも紹介されていたテンプレート配布サイトですので、日本国内のユーザーも注意が必要です。

wordpressにGoogleブックマーク登録アイコンをつける

前回Yahoo!ブックマーク登録のブログパーツを貼り付けたので、自分が使用しているオンラインブックマークであるGoogleブックマークを1クリックでブックマーク出来るアイコンを貼り付けました。

Googleブックマーク登録アイコン

WordPressのテーマで以下のコードをご利用下さい。
<a href=”http://www.google.com/bookmarks/mark?op=edit&bkmk=< ?php the_permalink() ?>&title=< ?php the_title(); ?> | < ?php bloginfo('name'); ?>” target=”_blank”><img alt=”” src=”http://www.google.co.jp/favicon.ico” border=”0″ width=”14″ height=”14″ /></a>

MovableTypeをお使いの方は以下の記事もご覧下さい。
ブックマークに追加するリンク(Yahoo!/Google 対応)

WordPressのテーマを簡単に作成出来るジェネレーター

WordPressのテーマを簡単に作成出来るWEBジェネレーターがありました。

WordPress Theme Generator

サイドバーにフォントの種類や色、サイトの幅などを入力すれば、各種テーマファイルを作成し、圧縮ファイルでダウンロードする事が出来ます。

Wordpress Theme Generator

sitemap0.9に対応したwordpressプラグインGoogle Sitemap Generator 3 Beta

こちらのサイト(WordPressでサイトマップを作成する)をみて気付いたのですが、サイトマップを生成するために便利なプラグインGoogle Sitemap Generatorが、バージョン3となりリリースされていました。

Google Sitemap Generator 3 Beta

今まで使用していたバージョンは2.71だったのですが、新しいバージョンにすると、sitemapのプロトコルが0.84から0.9に変更されていました。

このsitemap0.9にすることで、Google,Yahoo,MSNに共通するサイトマップになります。

グーグル、ヤフー、MSが提携–ウェブインデックス作成機能を共通化へ

robot.txtの設置も行っておきましょう。
robots.txtでサイトマップを自動検知

Movable Typeを利用されている方はこちらも参考に。
Sitemaps 0.90 用テンプレート(Google・Yahoo!・MSN サポート予定)

WordPress2.04から2.12にアップグレードしました

wordpress2.1の新しいログイン画面

当サイトで使用しているオープンソースのCMSシステムWordPressのバージョンを2.04から2.12にアップグレードさせました。

古いバージョンでも不具合なく動いていたのですが、新しいバージョンの投稿時のオートセーブ機能が便利なのと、また各種プラグインが新しいバージョンに合わせて作られているため、バージョンアップを行うことにしました。

オートセーブ機能は、投稿欄に記事を書いていると、自動的に下書き保存される機能です。長い記事を投稿しようとして失敗してしまい痛い目にあったことは何度もあるので大変便利な機能です。

このような新機能の恩恵を受けるためにも、重い腰を上げてバージョンアップを行うことにしました。

他にも多数変更点がありますので、詳しくは以下をご覧下さい。
WordPress 2.1 の新機能

以下その手順を記しておきます。

まずはDBのバックアップを取っておきます。本来はここで各種ファイルもバックアップととって置くのがいいのですが、他サイトでバージョンアップした際に特に大きな問題が無かったため省略させました。(時間が無かったのも理由ですが)

次に、各種プラグインを無効化させます。

WordPressサイトから最新のバージョンのファイルをダウンロード後、解凍してアップロードします。私は上書きでアップロードさせました。また時間がある時に、古い差分ファイルは削除しようかなと思っています。
[WordPress dif] WP2.1とWP2.0系の差分はこれだ!

アップロードが完了後、ログイン画面にアクセスすると、データベース構造のアップグレードを促さされますので画面の支持に従ってクリックをすればあっという間にバージョンアップの終了です。

最後に一つずつ、プラグインを有効化させます。ここで、新しいバージョンに対応していないプラグインなどがあれば、不具合が出ますのでご注意下さい。
WP: 使っているプラグイン WP2.1 対応リスト

追記
このサイトで使用していたHead META Descriptionというプラグインがどうも正常に動作していない様子。記事内容を自動的に、Metatagのdescriptionに挿入してくれる大変便利なプラグインだったのですが残念です。Add-meta-tags WordPress pluginsというプラグインがあるそうなのですが、一つずつ自分でセットしなくてはならないようなので手間を考えると導入に躊躇しています。
WordPress2.1とMeta Tag plugin-Add meta tags-

本当に最後に、全てのページやフォームなどの動作確認をしてアップグレードの完了です。